合格は狭き門

土地家屋調査士の合格は狭き門

土地家屋調査士とは、土地や建物といった不動産の調査・測量を行い、審査請求・申請手続き、不動産の登記をおこなうことを仕事としています。登記とは、簡単にいうと、重要な権利について国が管理している「登記簿」に記帳することです。つまり、個人の大切な財産である、土地や建物の所在・種類・面積を測量し、図面を作製、書類として法務局に登記申請する専門家です。土地家屋調査士の試験合格率は、数パーセントであり、とても難易度の高い試験です。合格までの平均的な学習期間は1〜3年程度で、合格者の年齢層は30代が多くなっています。また男女比では、9割が男性で、1割が女性と圧倒的な比率です。なお独学での合格達成は、とても厳しいと考えられています。

学習にかかるおよその費用

土地家屋調査士は、ただでさえ狭き門の合格率です。独学での合格は、さらに厳しいものになります。ですが、各スクールが開催している土地家屋調査士の試験対策講座に申し込むと、基礎学習コース、書式演習コースで、本試験の対策コースなどの様々なコースの組み合わせにより、費用は30万から70万ほどかかります。また通信講座などは、約10万程度かかるようです。これに対して独学の場合、合わせて5万から8万程度と比較的安くすみます。かかる費用は、用具代金、テキスト・問題集・六法などの書籍代金、受験代金や諸経費となります。合格までの期間が長くなればなるほど、試験の新しい傾向を取り入れるために書籍を新しく購入したりする必要もあり、また受験回数が増えますので、おのずと代金はかさんでいきます。自分のペースで独学合格を目指すか、高額なスクールで短期合格を目指すかは、よく検討する必要があります。

CONTENTS

独学でもできる

資格取得も、自宅にいながら行えるようになりました。また、近年は難しい国家試験も独学で勉強して合格する人も増えています。土地家屋調査士もまた、過去問の収集で合格の近道になるので対策で知っておくと安心でしょう。

 Read More

計画を立てながら

近年は、衛生管理でも過去問がある位なので自宅で気軽に独学ができるまでになりました。その影響もあってか目指す人も非常に増えています。効率よくする為にも、合格の為入念な勉強計画をしていきましょう。

 Read More

TOPICS

知識を植え付ける

計画性と持続性が必要になる社労士の資格は大変むずかしい内容だと言われています。また記憶とスキルが不可欠になりますので勉強する時間を少しでも増やしていくことが合格の近道になるのです。

 Read More